エネルギー農法のお話会@沖縄県那覇市

2020年11月14日(土)

こんにちは。
醒麗ガーデンズの山田純平です。

 

2020年11月14日は沖縄県の那覇市で、エネルギー農法のお話会を開催します。

私がエネルギー農を始めたのは2008年の9月でした。

もともと大阪でシステムエンジニアをしていた私はがむしゃらに働いていました。

その忙しさが生きがいだったのですが、30歳になり仕事が落ち着いてくると「自分は何がしたいのか?」分からなくなってきました。

当時は忙しさに偽りの充実感を求めていたのです。

でも、それがズレていると感じた時、天職探しが始まりました。

数年ほど天職探しにのめり込み、新たな人生への不安や怖れを手放して出会ったのがエネルギー農でした。

当時はまだ醒麗ガーデンズの代表:波宮さんと一緒に始めた状態で、右も左も分かりませんでした。

しかも、最初の畑は竹やぶで、竹を刈って、土を掘り返すところからのスタート。

畑を作るところから始めることになりました。

でも、これがまた楽しい♪

1センチほどの太さの竹を鎌で刈る感触も好きですし、

鍬で地面を掘り返し、開墾していくのも楽しすぎました。^_^

しかも全てが手作業です。

その方が大地にも野菜にも優しいケアができます。

機械を使うと大地が嫌がり、エネルギーが下がってしまいます。

人も大地も同じ生命。

機械的に処理されるのは好きではありません。

人が機械的や義務的に対応されると、残念な気持ちになるのも同じで、大地も繊細さが抜けてしまいます。

また、野菜も機械的にケアされたり、収穫されると、あまり嬉しくありません。

だから、一つひとつの野菜と向き合いながら、全て手作業で行う訳です。

それにより野菜が喜び、元気に育っていきます。

もちろん、完全無肥料、完全無農薬です。

それは、野菜のためを考えると、自然な状態が一番いいからです。

一般的な農業を人に例えると、化学肥料はサプリメントやファーストフード。

体調が悪くなったら、医薬品(農薬)で対処するようなものです。

それで人の肉体は維持できるかもしれません。

でも、ただ生きるだけでは、生まれてきた生命としてもったいないと思います。

生きる喜びや楽しさ、毎日の充実感を感じながら一生を終えたいものです。

野菜も同じで、生まれてきたからには、人生(野菜生?)を満喫したい訳です。

野菜という製品や商品を作るのではなく、野菜という生命を育むお手伝いをするのが私の役目だと思っています。

基本的には自然が野菜を育ててくれます。

人はそれで足りない部分を補うだけです。

生命として野菜の主体性を尊重し、見守っていく。

人はその営みの中で癒やされて、元気に育った野菜をいただきます。

そんな農業が広がると、様々な生命が共生し合える社会になっていくと感じています。

などと、話し出すと止まりませんが、当日はご興味のある方にお越しいただけると嬉しいです。


※当日はエネルギー野菜を試食していただけます♪
 


■醒麗ガーデンズHP

https://www.seireigardens.jp/


■開催日
2020年11月14日(土) 19時00分~20時00分


■開催場所

沖縄県那覇市の会場
※詳細はお申し込み後に連絡致します。


■募集人数
最大4名


■料金
0円

 

■お話会内容
 ・エネルギー農法とは?
 ・生命エネルギーの高い野菜を育てるには?
 ・野菜や精霊との対話について
 ・従来の農法との違い
 ・醒麗ガーデンズについて


■お申込み
以下のお問い合わせボタンからお願いします。


■注意事項

お申し込み受付後、こちらからの申込完了連絡をもって正式な申込となります。

 

【事業者】

神奈川県三浦市南下浦町金田1003-15 三浦マンション202
受付:山田純平(080-6683-9516)
責任者:山田純平(yamajyun831@gmail.com)

©2020 by 天職を探して、これからの人生を面白くする 一悟術ヒーラー 山田純平【公式】HP