忙しいプロジェクトでも、自分の幸せを優先する。

一悟術ヒーラーの山田純平です。 今はとても忙しい(タイトな)プロジェクトでシステムエンジニアの作業をしています。 納期は変わらないけど、仕事はどんどん増えてくる。 システム開発は進んでみないと分からないことが多い業界のように感じます。 「実は例外的にこんな処理もしていまして、、」なんてユーザーの一言を何度聞いたことか、、 事前に教えてほしいと伝えていても、相手も100%分かっているわけではないので、仕方がないことのように思います。 完璧主義は損をする業界かもしれないですね。 不確実性を受け入れて、どうやって対応していくのか。のほうが重要な感じもします。 そんな感じで、今は忙しいプロジェクトなので、こちらにも作業がたくさん来るのが自然です。(笑) 経験上、ここで自分の時間や幸せを優先することが少しずつできると、自由な会社員になっていけると思います。 「仕事の量はマネージャーが管理する責任がある。 なので、過度な作業を振られても困る。」 と、はっきり言うわけです。(笑) でも、抵抗が出ますよね、、 私も最初は怖れや不安や抵抗感がバリバリ出ました。 でも、それを避けようとして、相手の無茶な指示を受けてしまうと泥沼になるでしょう。 タイトなプロジェクトでは特にそうだと思います。 もちろん、指示したマネージャーも納期を守るために必死なのだと思います。 それは、それでとても分かります。 でも、自分の幸せを優先していくことで、人生が自由になっていき、変わっていくと思います。 ただ、自分の意見や都合を伝える時には ・相手から怒られたくない。 ・評価が下がると価値がないように思うので嫌だ。 ・口答えするのは良くない。(昔は良い人でしたので、、) ・会社員として責任を果たす必要がある。 ・怠けていると思われるのが嫌だ。 ・ダメ社員に思われるかも。 などなど、たくさんの思いや感情、自己否定が出てきました。 同様の思いや反応はよくあるケースかもしれません。 これらの反応に共通するのは「嫌われたくない。」「自分の価値が下がるのが嫌だ。」という思いだと思います。 私だって、あえて嫌われたいとは思いません。 誰だってそうでしょう。 また、怒られたり、評価が下がったすると、自分には価値がないように感じてしまうときもあると思います。 でも、「嫌われないために、指示のまま過剰に働く。」のが自分にとって幸せかどうか?が大事だと感じます。 これは、何のために自分が生きているのか?ということにも繋がります。 生まれたからには幸せな人生を送りたいと思うのが通常でしょう。 ですので、愚直にそこを目指すイメージです。 評価が下がるかもしれないけれど、タイトなプロジェクトで毎日遅くまで働いて幸せでないなら、断ってみるわけです。 これは結構、勇気がいると思います。 私の場合は、会社を辞めてもいいと決めて、断っていました。 こんな状況が続くなら、今の会社にいても幸福度は低いでしょう。 だから、転職も視野に入れて、自分で会社を選ぶ意識で仕事をしています。 現在、システムエンジニアは不足していて、新たな仕事先には特に困らないという状況も好都合だと感じます。 そして、他の会社のほうがもっと幸福度の高い生活ができる可能性は十分にあると思います。 転職などの変化を嫌がるのは人間の性なのかもしれませんが、この選択肢を持っているだけで、会社員生活が変わるかもしれません。 とても勝手な意見のように思えますが、自分の人生を大切にして生きるということは、自分が主体になるため、都合の悪い人からすると勝手な人に写るものだと思います。 もちろん、その勝手の悪影響も自分の責任になります。 とても怖いですけど、そこを受け入れて、自分の幸せを大切にして仕事ができると、日々の幸福度が増し、やりたいことにつながっていくと思います。 良い結果も悪い結果も自己責任。 その腹を決めて、日々の行動を選択していけると、楽しく幸せな人生をデザインしていけると思います。 そのために、トラウマや感情のクリアリングはとても有効であると感じています。 言いたいことを素直に言えるメンタリティを整えていきたいですね。 一悟術ヒーラー 山田純平