恵方巻で惑わされた^_^; 食べたいものの欲求。

最終更新: 4月20日

ヒーラーの山田純平です。 今日は節分。ということで恵方巻を食べる日?です。 そうとは忘れていて、スーパーに行ってみると、恵方巻を発見!! 普段、巻き寿司は食べないのですが、ついつい目がいってしまいました。 そして、買おうかどうしようか?しばらく考えていました。 恵方巻をお昼ごはんに食べたいのか? 素直な自分の欲求を感じて見ると、食べたいような、特に食べたくないような感じ。 よく分からずに、しばらく悩んでしまいました。 恵方巻を食べた後をイメージしてみると、あまり食べたくない感じ。 でも、気になる!恵方巻♪ 一度、手にとって食べたいか?じっと悩む。。 買って食べてから判断する方法もありますが、それは最終手段です。 ですので、素直な欲求を感じて、自分が満たされるか感じてみる。 理屈ではありません。 頭で考えると、どんどん分からなくなりますからね。 これ、要注意ポイントです。^_^ 感覚的に感じていくと、そもそも今はあまりお腹が減っていない、、(笑) ということで、恵方巻どうこうではなく、ランチはいらない結果となりました。 後から思いなおしてみると、2月2日は恵方巻の日!という集合意識の影響を受けていたように思います。 マーケティングの影響とも言えますね。 周りに影響されないように、自分の素直な感覚を保つのは難しいものです。 でも、日々のこの感覚のトレーニングが、素直な欲求を素直にキャッチしやすくなります。 この感覚が育ってくると、やりたい事や嫌なこと。 好きな事や不快な事を自分の素直な感覚でキャッチしやすくなります。 これが自分らしい、自己一致した毎日をデザインしていくのに、とても有効だと考えています。 自分の本音が分からないのに、自分らしい楽しい人生を生きるのは難しいですからね♪ ですので、素直に食べたい欲求をキャッチするのは、関係ないようで、重要なのです。 素直な感覚。 コロナ時代を生きるには、自分のココロに素直な生き方が、後悔しない人生へ近づく一歩になると思います。 ヒーラー 山田純平