自分の意見を素直に伝えてみる。

最終更新: 9月13日

一悟術ヒーラーの山田純平です。



日本では自分の意見を主張することは、あまり良しとされていません。



「和」の精神を大切にする気持ちはわかります。



日本人にしかない良さかもしれませんね。



でも、周りとの協調のために、自分を抑えすぎると、ストレスになります。



多くの人がこれでストレス過多になっているように感じます。



分かりやすく言うのであれば、



自分の都合による意見を言うことが、「悪」という価値観になっているように思います。



確かに自分の都合を意見して、それが通るのであれば、誰かの不都合になりえます。



しかし、そのような事は日常生活で山程あります。



古くからの親友のように、



上下関係や利害関係がなければ、素直に言えるかもしれません。



しかし、仕事となれば、それは急に難しくなります。



上司に意見したとすれば、評価が下がる、自分の対応が悪くなる、などの不利益が考えられるからです。



「通勤がしんどくて辛いので、毎日在宅勤務にしてほしい。」



という状態であっても、自分勝手な意見と捉えられかねません。



誰か他の人のことを言うのであれば、楽に言えても、自分のことだと言えないものです。



これには幼少期の体験からできた「トラウマ」が大きく影響しています。



小さな頃の傷ついた経験がトラウマになりますが、ぞれが心の奥にずっと溜まっています。



そして、傷つかないように日々の言動を左右しています。



だから、自分勝手なやつと思われて、傷つかないように、自分の都合や意見を言わない。という行動をしてしまいます。



これはトラウマがあると自己否定的な言動担ってしまうということです。



だから、多くの人が自己否定的な言動になって、そのような生き方になっていきます。



やりたいことをするのではなく



嫌でも指示されたことをするほうが、傷つかないという選択を「トラウマ」がしていることになります。



ですから、あえて「自分の意見を言う。」ということを意識的にすることで、トラウマに囚われにくくなります。



誰に嫌われても、自分のやりたい事をする。



子供ってそうだと思います。



そんな大人が増えると、面白い社会になると思います。



そして、それが人して自然な姿でもあります。



むちゃくちゃしていいという意味ではなく



自分の気持ちや意見を素直に伝えることができるメンタリティでありたいですね。



一悟術ヒーラー 山田純平

©2020 by 天職を探して、これからの人生を面白くする 一悟術ヒーラー 山田純平【公式】HP