自分以外のものになろうとすると、疲弊してくる。

一悟術ヒーラーの山田純平です。 日常生活や仕事をしている時に、どれだけ本音の自分でいることができているだろう。 私も自分としてナチュラルにいれない時が多々あります。(笑) この不一致さが自分の人生や仕事をズレたものにしていると感じます。 不一致でズレた感じとしては ・今の仕事はやりたくないけど、お金を稼ぐために働く。 ・カロリーが気になり、本当に食べたいものを食べない。 ・目立つのが目的で服を選ぶ。またはその逆。 ・褒めてもらうために、人の手伝いをする。 ・怒られないために、無理して残業する。 ・嫌われたくないために、上司の呑みの誘いを受ける。 など、数えだしたらきりがないように思います。 しかし、なぜ?このような行動や選択をしてしまうのでしょうか? 原因は色々あるように思いますが、 基本的に2つのベクトルがあると考えています。 1.自分を良く見せたいベクトル   例)目立ちたい。褒められたい。評価されたい。好かれたい。 2.傷つきたくないベクトル   例)怒られないようにする。嫌われないようにする。失敗しないようにする。     ミスしないようにする。ルールを過剰に守る。 そして、これら要素自体は誰にでもあると思います。 ただ、これらの要素が過剰に反応してしまうと、自分の本音からズレた行動や選択になってしまうでしょう。 例えば、会社や上司に評価されたいがために、タイトな仕事を毎日、長時間おこなったのであれば、目的は「評価されること」になります。 それが自分のやりたい事や自分の幸せに繋がるのであれば、もちろん楽しいし充実感があると思います。 ただ、そうでない場合は、「こんなに頑張っているのに、評価されない。」と思うかもしれません。 また、「飲まなきゃ、やってられない。」となり、愚痴る飲み会が増える可能性もあります。(笑) どちらにせよ、「自分が満たされない」状態なのだと思います。 だから、もっと評価を求めて働いたり、ストレス発散のための行動や選択が増えていくのでしょう。 仕事で満たされないため、心にマイナスさんが溜まっていくので、それを減らすための人生になりがちだと思います。 30歳の頃の私は、もろにそうでしたね。 飲みに行って、お酒が進むと、心の奥にある愚痴が出ていました。(笑) 言いすぎて、翌日に自己嫌悪になることもしばしば。。 それだけ、不満やストレスを溜めて仕事をしていたわけです。 この状態だと、毎日を幸せに生きるのが難しくなるのは、明らかです。 ですので、まずは自分以外のものになろうとしてしまっている自分に気づくことが大事だと思います。 自分の心に無理して、嘘をついてしまっている状態に気づくイメージです。 ただ、「日常生活で、本音で生きていたら、生活できないよ。」という意見もあると思います。 実際には、相手の都合も加味して、調整していくのが通常でしょう。 でも、「自分の本音か?そうでないか?」が分からなければ、自分の望む方向へ交渉もできません。 2人でランチに行くとして、相手はお肉が食べたい。と言ったら、そのままついていくかどうか?考えると思います。 自分はヘルシーなものが食べたいなら、誘いを断ることも1案ですし、両方の料理が食べられるお店を選ぶこともできます。 なんとなく相手についていくと、自分が食べたいものではなくて、食べてから胃がもたれて、失敗した、、となるかもしれません。 ですので、事前に自分はランチに何が食べたいのか?を理解できていれば、自分で考えて選択や交渉することができます。 ただ、ここで厄介なのが、上司やお客さんとランチに行く場合、自分の意見を言いにくいというケースはあると思います。 ここで、「嫌われたくない。」という思いや「自分の評価に影響したら嫌だな。」という思いが入ってきます。 これは幼少期に体験した傷ついた経験(トラウマ)が蓄積していて、自分に起こる物事を自己否定的に捉えてしまうことが主な原因と考えています。 親に怒られたくない、嫌われたくない。と思うのは子供として自然だと思いますが、その心理メカニズムが大人になっても適用されていて、無意識的に自分を抑えて周りに合わせるような言動になってしまうわけです。 その方が波風もたたずに、交渉する手間もはぶけます。 でも、自分の心はその次になってしまい、なんとなく満たされない状態になるのだと思います。 自分のわがままが全て通るとは思いませんが、過剰に抑えるのも不自然だと感じます。 なんとなくではなく、自分が食べたいもの、欲しい物を意識的に選ぶようにすると、自己理解は深まり、自分の人生への主体性が上がり、結果的にやりたい事が自然と思いつくこともあると思います。 自分の人生ですので、日々の小さなことを、自分目線で選択していく。 地道な方法ではありますが、着実に自分が自分の人生を創っている感覚が上がっていくと思います。 または、自己否定的になってしまう主な原因であるトラウマを減らすことで、自分の望む選択をする際の抵抗感が減っていくと考えています。 そのために、一悟術ヒーリングは有効だと考えています。 ご興味のある方には体験ヒーリングを受け付けていますので、お気軽にご相談いただければと思います。 一悟術ヒーラー 山田純平