会社員として、自分軸で仕事をするメリット。

一悟術ヒーラーの山田純平です。 最近はまだまだ寒いですが、部屋からは海が見えて、在宅勤務のメリットを受け取っている毎日です。 自然の豊かな土地で、自然を楽しみながら仕事をして、生きることができるのは、とても満たされます。 人は基本的にナチュラルなのもを欲するのかもしれませんね。 これが東京の会社であれば、リラックス度やストレスは大きく違うでしょう。 よく電車通勤の疲労に対する手当が欲しいと思ったものです。(笑) あと、視力低下の手当も。 やることが決まっているなら、極力、在宅勤務をするほうが望ましいようと感じます。 会社員をしていると、自分の仕事は上司やリーダーに与えられるのが通常です。 自分で仕事を生み出して構築していくタイプの職種は少ないでしょう。 システム開発の仕事でもプロジェクトマネージャーが作業の大枠を整えて、そこから一人一人に作業がブレイクダウンされます。 ですので、自分の作業を選ぶことはなかなか難しいものです。 かといって、言われたままをやるのも、如何なものかと思います。 はいはい、と言うことを聞いていたら、作業が山積みになってくることも多いので、、(笑) 個人的な経験では、「会社の仕事/自分の幸せ」を半々くらいで意識できると、ずいぶんと毎日が充実してくると思います。 会社の仕事の重みと、自分の幸せの重みを同じくらいの意識で過ごす訳です。 例えば、急な残業指示の時もこの基準で判断します。 今日の夜は予定がある場合、これを優先しすぎると会社や上司、リーダーと衝突が強くなります。 かといって、会社の仕事を最優先にしても、人生がつまらない方向に進んだり、心身が疲弊したりします。 要はバランスなのですが、最初の基準として半々くらいのイメージがやりやすいと感じます。 「前回は上司の残業指示でプライベートの予定をキャンセルしたので、今回は自分の都合を優先する。」くらいの感覚です。 これにより、会社からの指示、上司からの命令、お客さんからの注文に、自分の人生が振り回されることを軽減できます。 会社の仕事も大事だけど、自分の幸せや都合も大事にする立ち位置ですね。 こうやって、自分の選択基準を、「自分軸」にする習慣を付けていくわけです。 そうなると、自分の人生は自分で選択している感覚がましていき、自分の人生を自分で創っている感覚が上がっていきます。 そうなると、平日の仕事でも自分の予定を自分でコントロールできるようになってきて、自分らしい毎日を過ごしやすくなります。 結果、人生の充実度や満足度が上がり、幸福感が増していきます。 基本的に生命は幸せに生きる方向に向かうのが自然だと考えています。 でも、現代の人は過剰な責任や義務などを自分に課して、ナチュラルな選択ができなくなっていると感じます。 誰かの理屈や都合で自分の人生が動いてしまうわけですね。 それだと、せっかくの人生が勿体ないと思います。 会社の仕事に責任や義務を過剰に感じている方は、特に「自分軸」を大切にして、「自分の幸せ。」を判断基準にし、ある意味わがままに生きるイメージのほうがいいのかもしれません。 そのほうが、会社の仕事と自分の幸せのバランスが取りやすくなる感じがします。 親のためでも、子供のためでも、友達のためでも、会社のためでもない、 「自分のための人生」」を生きたいですね 他にも自分らしく生きるためのコツはたくさんありますので、ご興味のある方は「やりたい事を見つけるお話会」「オンライン無料相談」をご活用いただければと思います。


一悟術ヒーラー 山田純平 ■イベント  ●1月23日、30日 やりたい事を見つけるお話会(オンラインもあるよ。)

オンライン無料相談 「システムエンジニアのための無料相談 ~やりたい事を見つけて、これからの人生を楽しむコツ~」

3回の閲覧0件のコメント