「自分の人生は何のためにあるのだろう?」

一悟術ヒーラーの山田純平です。 「自分の人生は何のためにあるのだろう?」 そんなことを考えたことはありますか? 私は30歳の頃にいつも考えていました。 数年間が続けても、答えは出ませんでしたけどね、、 死ぬ前に気がづくのかもしれません。(笑) ただ、辛く厳しい人生よりも、喜びを感じられる人生が好きです。 努力も必要でしょうし、頑張ることもあると思います。 でも、総合的に見たら、喜びや楽しさ、充実感があるイメージです。 「辛く厳しいのが仕事だ。」という価値観は強く根付いているように感じます。 辛い思いをして手に入れる成功のほうが価値があるように思ってしまいます。 でも、自分の望む方向であれば、苦労しない方で楽しい方が楽に早くそこにたどり着けるかもしれません。 そして、余裕が生まれたなら、さらに自分の望む人生へその時間や労力を使える訳です。 頭で考えるととても合理的なのですが、しんどく大変な人生、仕事のほうが価値があるという風潮は大きいと思います。 自分がそれに影響されなければいいのですが、その力が大きいと、どうしても影響を受けてしまいます。 楽ちんに仕事して、楽しく、面白く仕事して、お金もたくさん稼げたら嬉しいと思いますが、周りの人は妬んだり、面白く思わなかったりするかもしれません。 合理的に考えたら、楽に自分の望みが叶うほうがいいに決まっているのですが、素直にそれを受け入れれらない自分がいます。 これが自分の人生をスムースに望む方向に行きにくくしているのかもしれません。 「苦あれば楽あり。」と言いますが、楽しいばかりでも、それが自分の望む人生であれば良いと思います。 このパラダイムシフトが重要なのかもしれません。 一悟術ヒーラー 山田純平


0回の閲覧0件のコメント