枯れている金時草(はんだま)は春に芽吹くか♪

最終更新: 4月20日

ヒーラーの山田純平です。 私は醒麗ガーデンズでエネルギー農をしています。 夏にたくさんの恵みの葉をつけてくれた金時草(はんだま)。 茎が鉛筆くらいの太さで、そこから葉がにょきにょき生えてきます。^_^ その肉厚の葉は粘り気となんとも言えない旨味があり、好きです♪ 基本的には暖かい地域(熊本、沖縄)で有名ですが、三浦でも育っています。 ただ、寒い冬を越えるころが出来るのか?今回が初挑戦!! 今の畑での金時草は見た目、枯れています。^_^; でも、根本辺りから小さな葉のようなものが見えました。 でも、次の日に確認してみるとそれも枯れている。。 霜で枯れてしまうのでしょうね。 この繰り返しをしているうちはまだ生きているので、春に芽吹くことは十分あると思います。 春から茎や葉が成長してきたら、それを切って、挿し木して、仲間を増やす。 すでにテンションが上がっております。^_^ 精霊に確認してみると、茎が茂っている大株のものは、春にそのまま茎が伸びで成長してくれそうとのこと♪ ただ、挿し木して育ててた小さな金時草は難しいそうとのことでした。 結果は春のお楽しみ♪ですね。^_^ 毎日、見守っていきたいと思います。 ヒーラー 山田純平