自分を癒やして、満たしていくと、調和が生まれる。

一悟術ヒーラーの山田純平です。


私は醒麗ガーデンズでエネルギー農をしています。


自然と人が出来る限り調和した形での農業です。


一般的な慣行農法は人が自然をコントロールする仕組みだと感じます。


限りある畑の中で、できるだけ多くの野菜を作る。


それは、商品としての野菜を、効率的に、生産性を高める方法だと思います。


もちろん、それで多くの人に野菜が行き渡ることができ、


飲食店にもその恩恵はあるのでしょう。


ただ、科学肥料や農薬を駆使した方法では、土地や自然、地球には優しくないでしょう。


縄文時代には、もっと気候が暖かく、自然の木の実などを採取して、生きていけた時代と聞いたことがあります。


まさに、自然の恩恵を受けて生きたいた訳です。


それが、人都合に偏った農業が発達するにより、自然のありがたさの感覚が薄らいでいるのかもしれません。


自然が主で、人が従。


地球に生きている限り、それが自然な立ち位置なのでしょうが、


現代は違ってきています。


自然を人都合でコントロールするするにも限界はあるでしょうし、


不自然な感じがします。


人と人の関係でも同じかもしれません。


自分が主で、相手が従。


それは自分に優しいかもしれませんが、いき過ぎると、自分勝手ということになってしまいます。


そうならないためには、まず自分が癒やされて、満たされる必要があるように感じます。


ある程度、今の自分が満たされていないと、他者や自然に対して意識も向きやすいでしょう。


そう考えると、人と自然が調和する社会は遠い未来なのかもしれませんが、


今の自分を良いも悪いも受け入れて、満たしていくことが、最初の一歩のように思います。


やりたい事や天職を探したり、実践することもその一環だと感じます。


義務ではなく、自分がやりたい事をして生きていく世の中になると、もっと人と自然の在り方も変わってくるのかもしれません。


ということで、これからもエネルギー農を楽しく実践していきたいと思います♪



一悟術ヒーラー 山田純平

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2020 by 天職を探して、これからの人生を面白くする 一悟術ヒーラー 山田純平【公式】HP