山田純平が天職を見つけるまで。(その2)

一悟術ヒーラーの山田純平です。 前回は 天職探しを始めるまで の話を書きました。 当時のシステムエンジニアの生活は、不一致感が強すぎるため、天職や生きがいを探そうと動き出したのですが、全く知らない天職探しというものを「どうして見つけていいか分からない、、」状態でした。 ですので、まずは天職に関することを調べてみようと思い、大型書店に行きました。 今のようにネットで簡単に情報が得られる時代ではなかったので、実際に行動して見つけていきました。 そして、色々と調べていく中で、「ソース」という本に出会いました。 そこには、自分の「ソース(根源)」を知るための話が書かれていました。 ただ、読んだところで、「ポンっ!!」と答え出るものでもありません。(笑) 個人的な感想としては、 「本質的には自分のやりたい事をして生きるのが自然なのだ。」というのが、少し理解できた感じでした。 本で様々な情報を入れてみたのですが、テーマが「生きがい、天職」という深く大きな話です。 本では天職や生きがいのイメージや雰囲気を少し掴むには良いかと思いました。 当時の私は天職というものがピンと来ないまま、日に日にもやもやが増えていきました。 未知のこと、新しいこと始める時は、このような状況はよくあると思います。 天職探しも、この「もやもや感」の中を進んでいくものだと思いますので、長期戦になるのが通常だと思います。 私は「もやもや感」を少しでも腑に落とすため、なんとなく気になった「ソース」のセミナーに参加しました。 今まで、自分でセミナーに参加したことはなかったので、結構緊張しましたね。^_^; 「どんな事が行われるのか?」 「私で理解できるのか?」 「天職は見つかるのか?」 などの思いが頭をぐるぐるしていました。 トラウマがあると、余計なことを色々と思ってしまうので厄介です。 (当時はトラウマのことを知らなかったので、さらに大変でした。) セミナーでは、いくつかのワークをしながら、自分がやりたい事や好きなこと、ワクワクすることを書き出すというものでした。 最後に、自分を構成するいくつかの要素を出して、まとめあげる感じで、終えました。 あくまで自分のワクワクの要素なので、ぼやっとしています。 ただ、なんとなく「自然に関することが好きなんだな。」と再認識した感じです。 もちろん、これだけで天職が見つかる訳ではありません。 「少し自己理解が深まった。」という感じです。 ただ、この自己理解の積み重ねが、天職探しに繋がります。 そして、天職を探すべく次の一歩を考え出しました。 続く・・・ 一悟術ヒーラー 山田純平

■システムエンジニアのためのオンライン無料相談■

~やりたい事を見つけて、これからの人生を楽しむコツ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■メルマガ登録■

~人生100年。30代になったら仕事を楽しむ人生へ

天職を探して、これからの人生を面白くする8ステップ~

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2020 by 天職を探して、これからの人生を面白くする 一悟術ヒーラー 山田純平【公式】HP