山田純平が天職を見つけるまで(その8)

一悟術ヒーラーの山田純平です。 前回は ミュージカルの練習で凹む という話を書きましたが、その続きになります。 素人が作り上げるミュージカルの練習が始まり、みんなのハグなどの密なコミュニケーションで、ちょっと引き気味な毎日が始まりました。 練習は毎週の土日ですが、自主練として平日に集まることもありました。 ですので、仕事はできるだけ早く終わらて、余計な仕事は増やさないようになりました。 仕事内容が変わった訳ではないので、自分の目的や意識が変われば、仕事は減っていきました。 今まではたくさんの仕事をしている事に価値を見出していたのでしょう。 だから、いつも忙しくしてしまっていたのだと思います。 もちろん、頭ではそんなことは思っていません。 潜在意識の奥深さ、影響力を感じました。 ということは、潜在意識を変えれば変化は速いのだと思います。 ただ、その当時はそんな冷静な分析はできるはずもなく、日々が過ぎていきました。 毎日、近くの駐車場でダンスの練習。 メンバーと合える時は一緒に練習。 土日は終日練習。または合宿。 人生でこんなに踊った期間はありません。 歌って踊れるシステムエンジニアでしたね。(笑) 体力もだんだんとついてきて、日々の積み重ねの効果が出てきました。 後は、密なコミュニケーションの憂鬱が課題でしたね。 それなりに表面的に合わせて対応して、なんとか乗り切っていた感じです。 自分を素直にに表現するのが苦手なんだと痛感しました。 子供のようなわがままをダメとしている自分と出会い、それに苦しんでいた感じです。 そして、ミュージカルの練習は中盤に差し掛かり、みんなが本気になっていくのですが、それは次回に書きたいと思います。 続く・・・

一悟術ヒーラー 山田純平

■システムエンジニアのためのオンライン無料相談■

~やりたい事を見つけて、これからの人生を楽しむコツ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■メルマガ登録■

~人生100年。30代になったら仕事を楽しむ人生へ

天職を探して、これからの人生を面白くする8ステップ~

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2020 by 天職を探して、これからの人生を面白くする 一悟術ヒーラー 山田純平【公式】HP