やりたい事は見つけるのではなく、気づくもの。

一悟術ヒーラーの山田純平です。 システムエンジニアをしていた30歳の頃。 この生き方をして一生を過ごすのは違うと感じ、探し始めた「天職」 そんなにすぐ、生きる目的になるような仕事が見つかるわけもありませんでした。 色々なワークショップや講演会などに参加して刺激は受けるものの、やりたい事は見つからない、、 そんな日々を2年ほど過ごしていました。 このような経験から、結局は変わりたくない自分がいることに気づいて、自分の心に原因があると思いました。 今の生活は嫌だけど、それなりに慣れてしまって、やっていける状態なので、本意ではないにせよ安定してしまっているのが通常の会社員だと思います。 もちろん、安定、安心は大事だと思いますが、変化したい場合はネックにもなります。 今の生活もどこか捨てがたいと思っているので、新しくやりたい事もなかなか見つからないという仕組みです。 ですので、まずは自分の心を整えることが、近道だと考えています。 興味のあることや、気になることがあって、それを実践している人であれば、なんらかのやりたい事をしていると思いますので。(笑) 「特にやりたい事がない。」という人が多いように感じます。 これは自分がやりたいと感じるかどうか?が大事なので、自分の価値観や思い、興味や好きなもの、どう生きたいか?が大きく関係してきます。 ですので、色々な経験をして、自分の心で気づいていくというのが本質的だと感じます。 考えているだけでは、なかなかやりたい事は見つかりません。 それは、どうしても今までの自分の枠の中で考えることになりがちなので、新しい世界はなかなか見えないわけです。 個人的には、行動してみて、そこでの経験を自分がどう感じるか?見つめてみるのがお奨めです。 「自分のカフェで毎日ゆったりとした時間を過ごせたらいいな。」と思っていたら、まずはそのイメージに合うカフェを調べてみます。 お、これは良さそうだ!と思えば、そこに行ってみて実際に感じてみます。 ここで、さらに良いぞ!となる場合もあれば、なんか違うな、と感じる場合もあると思います。 自分の感覚で精査していくわけです。 そして、良いと感じた場合はさらに店員や店長に話をしてみて、具体的に聞いてみるといいでしょうね。 なんか違う感じがする場合は、どこがそう思うのか?を考えてみると次に活かすことができます。 このように、やりたい事を見つけていくには、かなり主体性が必要になります。 寝ていたら神様が教えてくれるわけではないので。(笑) そう考えると、まずは、「やりたい事をして生きたい!」と自分なりにコミットするのが最初の一歩なのかもしれません。

一悟術ヒーラー 山田純平

■システムエンジニアのためのオンライン無料相談■

~やりたい事を見つけて、これからの人生を楽しむコツ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■メルマガ登録■

~人生100年。30代になったら仕事を楽しむ人生へ

天職を探して、これからの人生を面白くする8ステップ~

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2020 by 天職を探して、これからの人生を面白くする 一悟術ヒーラー 山田純平【公式】HP